多様な薬

トリキュラーはいくつかあるピルの中でも日本国内での処方実績に優れたピルです。

処方量は最も多く、ピルを処方してもらった際に受け取ったのがトリキュラーだったというケースはかなり多いでしょう。
ではこのトリキュラーにはどういった特徴があるのかというと、まず挙げられるのは21錠と28錠の2タイプがあることです。
21錠でも28錠でも有効成分を含む錠剤の数は同じで、28錠は有効成分を含まない偽薬が7錠入っています。
ピルは21日飲んで7日休むというパターンで服用していくことになりますが、28錠タイプの場合は28錠を28日かけて全部飲んでから次のパッケージを飲み始めれば良いため、飲み忘れの心配が無いというメリットがあります。
万が一飲み忘れてしまった場合には、トリキュラーを飲み忘れた時の対処法がインターネット上に多く挙げられているので、すぐに検索してみて参考にすると良いでしょう。

また別の特徴としては月経が始まった日に飲み始めるタイプであることも挙げられるでしょう。
月経が始まった日というのは女性にとって非常に分かりやすく、全体的に見ると飲みやすさに優れており初心者向けだと言えるでしょう。

逆に少々欠点と言えるのは他のピルと比べると男性ホルモンを抑制する効果が低いことです。
もちろん男性ホルモン抑制の効果が低かったとしても避妊の効果はしっかり出ますし、生理に関連する症状の緩和の効果もしっかり発揮されます。
しかし他の男性ホルモン抑制の効果に優れたピルは服用するだけでニキビや多毛症の改善といった副効用が期待できることを考えると、そうした効果を期待する場合には別のピルを選んだほうが良いこともあります。
ただやはり初心者向けであるということは非常に大きなメリットであるため、初めてピルを利用するということであれば基本的にはこのトリキュラーを処方してもらうのが一番良いでしょう。