• ホーム
  • ピルにはいろいろな種類がある

ピルにはいろいろな種類がある

薬を飲む女性

避妊方法といってもいろいろありますが、ピルによる避妊方法は多くの人が行っています。
日本においてはコンドームを使うという方法の方が一般的かもしれません。
しかし、コンドームについては破れてしまうこともありますし、確実に避妊できるわけではないと知っておきましょう。
ピルの主成分は黄体ホルモンとなっており、これは妊娠の成立に深い関係を持ったホルモンです。
妊娠が成立するためには胎盤への受精卵の着床が必要となりますが、その際に排卵が起こらないように黄体ホルモンがコントロールしているのです。
ピルを飲むことで受精卵の着床を防ぐことができるため、避妊効果を得られるという仕組みです。
しかし、この薬は体に妊娠していると誤認させるという方法であり、妊娠の時と同じような吐き気などの副作用が出てしまうこともあります。
副作用と聞くと心配だという人もいるかもしれません。
しかし、この薬はもともと副作用が起きにくいとされており、安全に服用することができるでしょう。
女性の体にもさまざまなメリットがありますし、正しい方法で服用することが重要です。
低用量ピルと言えば避妊のために使うものだと考えている人も多いでしょう。
しかし、低用量ピルは子宮内膜症の治療にも使えることや、生理痛を緩和するなどの副効用があることから多くの人がこの薬を利用しています。
低用量ピルを使い始めてから体重が増えたという口コミを聞いたことがあるかもしれません。
低用量ピルには女性ホルモンが含まれており、女性らしい体を作るための働きがあります。
また、食欲を増進させる効果や水分を体に溜め込む働きもあるということです。
影響の出方は人によって異なっていますが、ピルで太ってしまった人は女性ホルモンの影響を受けやすいとされています。