• ホーム
  • ピルの処方と性生活について

ピルの処方と性生活について

微笑む美人

男性と女性が愛し合う過程の中で、深い付き合い方になっていくと、そのうちに性交渉をすることになるのが自然な流れになります。
これは二人の絆を深めるためにもとても素敵なことであり、何も恥ずかしいことでもないのです。
ただ、二人が性交渉をすることで、妊娠をしてしまうことがあるかもしれないことをいつも気に留めておきたいものです。
付き合っている二人であっても妊娠をしてしまうと困ってしまうといった場合もあります。
学生だったり、仕事などの妨げになってしまったり、それぞれの事情もあるのです。
そこで性生活を送るのにあたって、避妊をしていくことを忘れないようにしたいものです。
避妊方法として知られているのがコンドームの使用ですが、失敗することがあったり、男性が協力的でなかったり、いろいろな可能性があるものです。
そこでおすすめなのが、女性が自分で服用することで避妊の効果が見られるピルを処方してもらうことです。
ピルというのは女性ホルモンが入った錠剤を毎日飲むことで、排卵を抑制して妊娠をしない体質に変えてしまうものです。
ただ、飲んでいる間は効果はあるのですが、飲んでいなければ再び妊娠をすることができるようになるものです。
妊娠をしたくない人ではピルをしっかりと毎日飲むことが大切になるのです。
そうすることでほぼ100%に近い成功率を誇るものでもあるのです。
処方してもらうには産婦人科などに行って診察を受けるようにするのですが、飲み始めてからは普通に性生活を送ることができるようになります。
飲んでいれば妊娠をすることはまずありません。
ただ、性感染症の予防にはならないので、子ドームを装着するなどで対策をするといいでしょう。