• ホーム
  • 用途によってピルを使い分ける

用途によってピルを使い分ける

音楽を聞いている女性

昔は男性と女性の付き合いというと、結婚するまでは性交渉をしないでいるのがいいとされる時代もありました。
しかし、現在はより相手のことを知るためにも、愛情表現の一つとして性交渉をするというのも当たり前になっている部分があるものです。
性交渉をすることによって、妊娠をしてしまうこともあるのですが、それで喜ぶカップルもいれば、困ってしまうカップルもいるものです。
妊娠をすると困るといった状況の場合では、避妊をしていくようにするのがいいのですが、最近は女性が自分で身を守る方法としてピルというものを使うようになっているのです。
ピルは経口避妊薬であって、女性ホルモンが含まれ手いる錠剤の薬です。
ピルには大きく2つの種類があって、一つが低用量ピル、もう一つが中用量ピルになります。
これは使用方法も異なるので、使い分けていくようにします。
一般的によく知られているのが低用量ピルという毎日服用することで性交渉をするのに事前に排卵を抑えることができるような体質にしておくものです。
28日周期で服用することになるのですが、排卵を抑えることができるので、卵子と精子が出会うことがなく、高い成功率を誇る避妊方法といえましょう。
正しい服用で飲み忘れなどがないと、100%に近い成功率なのです。
もう一つの中用量ピルというのは、性交渉の後に妊娠の可能性がある場合に服用していくのですが、少し強めのホルモン剤になります。
時間的にも早ければ早いほうが効果があるものであり、できてしまった受精卵も子宮で着床することがないので、妊娠を継続できないというものなのです。
このように2つのタイプのピルがあるのですが、うまく使い分けていくようにするといいでしょう。
ピルは病院へ行かなくてもネットで購入が可能です。
その際は医薬品の通販サイトを利用することになるのですが、通販サイトすべてが信頼できるサイトとは言えません。
入金したのにお金が届かなかった、なんてこともあり得ますので注意しましょう。
医薬品の通販サイトで私が実際に利用したことがあるのはあんしん通販薬局です。
最初は怪しいと思いながらも口コミの数も多く高評価ばかりを掲載しているわけでもなくリアルでしたので使ってみましたが、実際にあんしん通販薬局の薬に偽物はありません。
非常に対応も良くこのサイトは信頼できると言えるでしょう。
気になる方は一度利用してみてはいかがでしょうか。